DREAMS 夢墨 | アレス(ARES)| エギング・アジング・ジギング ルアーロッドの製造・販売

アレス(ARES)| エギング・アジング・ジギング ルアーロッドの製造・販売

ドリームス ゆめすみ

DREAMS 夢墨

ロッドを通しさらなる領域へ踏み込め、異次元の粘りと卓越の復元力、曲がるエギングロッド極限モデル
 the_title();
品番全長
(ft/m)
継数
(本)
仕舞
寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
EGI
(号)
Line
(PE#)
カーボン
含有率
(%)
希望
本体価格
商品コードJANコード
DRYS-8008’0”/2.4421261051.610.02.5-4.00.5-1.2965450017001064952260481494
DRYS-8068’6”/2.5921331101.610.02.5-4.00.5-1.2955500017001054952260472461
DRYS-9029’2”/2.7921431201.611.32.5-4.00.5-1.2965900017001074952260481500

希望本体価格には、消費税は含まれておりません。

SPECIFICATION仕様

■全身高密度4軸カーボン
■オールチタンフレームSICガイド(MNST&LDBSG&Kガイド&LCガイドをオリジナルコンビネーションでセッティング)
■LDBガイド(ティップ部分に使用)
■Kガイド(中間ガイドに使用)
■ローライダーガイド(元竿に使用)
■ジョイント合わせマーカー付
■印籠継

FEATURE特徴

全身高密度4軸カーボン

DREAMS 夢墨

従来4軸カーボンよりさらに高弾性、高密度の4軸カーボンを全身に使用。形状復元力の速さに大きく影響するねじれ方向への力をさらに効果的に抑え、ブランクのエネルギーロスを抑えます。よりブランクの直進性、伝達性が向上。ブランクポテンシャルを極限まで引き出す事が可能となり、振り抜き、感度、飛距離、キャスト精度、竿ぶれ、取り込み時の操作性などあらゆる部分に貢献します。

Kガイド

DREAMS 夢墨

「絡んでも絡まない」糸絡みの原因を徹底的に追究し作成されたKガイドシリーズを採用。キャスト時の糸絡み自動解除機能を搭載したこのシリーズはPEラインはもちろんあらゆるラインのトラブルを防止。ストレスのない快適な操作性を実現します。

オリジナルガイドコンビネーション

DREAMS 夢墨

MNST&LDBSG&Kガイド&LCガイドのオリジナルコンビネーション。糸絡み、キャスト、糸送り、シャクリ等のエギングロッドとしての性能を追求し度重なるテストにより選択、そしてブランクスの性能を最大限に引き出す事を目的セッティングされています。

オールチタンフレームSICガイド/ジョイント

超軽量で耐腐食性にも優れるチタンフレームガイドを使用。ダイヤモンドに次ぐ硬さと宝石レベルの表面処理を行なったSICリングは削れにくく、軽量、驚異的な低摩擦抵抗と高い放熱性でラインの寿命を伸ばし、PEラインへのダメージをも飛躍的に軽減します。ジョイント上下部には、素早いセッティングのサポートとなる合わせマーカーが入り、曲がり重視の最高精度の印籠継を採用、ブランクのパワーをスムーズに引き出します。

OVERVIEW概要

独自の曲がりにこだわり、操作性を追及してきたドリームスシリーズ。今回の夢墨はフラッグシップモデルとして陳腐な表現ですがアレスの提案する究極のエギングロッドそして「究極のスローテーパーロッド」を目指し作成。徹底的な技術開発、新規材料での試作、テスト釣行を繰り返し追求し、ここに完成致しました。
ブランクには、ポテンシャルを最大限に引き出す為に、今回、従来よりさらにねじれを効果的に抑える新パターン高密度4軸材料を選択し、超高弾性材料から低弾性まで数えきれない材料を扱ってきたノウハウと高い成型技術で全身4軸を身に纏ったモデルとして完成。また、全身4軸でありながら、成型的に不可能かと思えた細径で繊細なティップセクションを実現、それらが産み出す抜群の乗り、イカパンチが魚かと思う程に鋭敏に手に伝わる感度は驚異的です。また、造り込まれたブランク中心に、全身4軸で成型された本体は、卓越した復元力を活かした、曲げ込む程、シャクル程に矛盾とも言える感覚を感じる事の出来る、しなやかながらハイパワー、粘りながらもそれでいて全身鋭いバネの様な調子を持ったブランク。軽量感は抜群、遠投性は爽快、キャストアキュラシーは最高、またロッドが仕事していると感じる快感のシャクリ性能、全てにおいて極限ともいえる仕上がりを見せています。しかし、なによりもアングラーのイメージを正確に表現するだけでなく、さらなる未知なる感覚の領域へアレスのエギングロッドと言う道具を通し踏み込んで行って欲しい…単純に、俺は天才かな?と勘違いする程のロッドを造りたいと言う想いがここに形となりました。このロッドがフィールドで活躍する事を信じています。